fukushimasymposium

国際シンポジウム資料 Symposium Documents

In About the conference on August 31, 2012 at 10:03 am

NEW!

核戦争防止国際医師会議(IPPNW)のドイツ支部から以下の資料が届きました。下記の資料はIPPNWドイツ支部のホームページからダウンロードすることもできます。リンクはこちらから。

We received the following documents from IPPNW Germany.  Please download for your reference. You can also view this material from their website here

WHOのフクシマ大災害リポートの分析 アレックス・ローゼン(Alex Rosen)医学博士
2012年8月14日

Analysis of WHO report on Fukushima catastrophe
August, 14, 2012

WHO事務局長マーガレット・チャン博士宛の要望書
2012年11月12日

letter to Dr. Margaret Chan, Director-General of WHO
November, 12, 2012

—————————————————

8.29 記者会見 Press Conference
ノーベル平和賞受賞団体IPPNW(核戦争防止国際医師会議) 福島に関する記者会見
IPPNW Press Conference on Fukushima Medical and Health Issues, August 29, 2012; Tokyo

本日の記者会見で発表された勧告はこちらへ
Click here for the IPPNW recommendations from today’s press conference

国際シンポジウム
福島の原発事故と人々の健康
~教訓と課題資料
8月27日のシンポジウムにて配布した資料はこちらから→資料ダウンロード
Please click here for the documents distributed at the symposium on 8.27

福島の原発事故と人々の健康 ~教訓と課題

In About the conference on July 22, 2012 at 3:05 pm

東京電力福島第一原発の事故は、子どもたちを含む多くの被災者、原発労働者そして全国の人々の健康にどのような影響を与えているのか。福島における健康管理対策の現状はどうなっているのか。事故後の経過の中から、私たちが学ぶべき教訓は何か。健康対策と被害の予防のために、今後どのような措置がとられるべきか。その中で医療者が果たすべき役割は何か。
1985年にノーベル平和賞を受賞した国際組織「核戦争防止国際医師会議(IPPNW)」の世界大会が8月24~26日に広島で開催されるのに合わせて開催されるこのシンポジウムでは、同会議の医学者らを討論者に交えて、国際的な視点からこれまでの教訓と今後の課題を議論します。

*国際シンポジウムチラシのダウンロードはこちら

■日時: 8月27日18:15~20:30 (開場 18:00)

International Symposium

In About the conference on July 10, 2012 at 10:42 am

August 27, 2012
“Fukushima Nuclear Disaster – Public Health Lessons and Challenges”

What are the health consequences of the TEPCO Fukushima Daiichi nuclear power plant accident on children, power plant workers and the whole country.  What measures are being taken in Fukushima in terms of health effect measures. What lessons must be learned from the processes after the accident. What measures should be taken now to prevent further health effects. In this context, what is the role of those within the medical field.

International Physicians for the Prevention of Nuclear War (IPPNW), who received The Noble Peace Awarded in 1985, will hold their 20th IPPNW World Congress in Hiroshima will take place between August 24th – 26th.  In conjunction with the 20th IPPNW World Congress, the symposium will include doctors and those in the medical field.  Key speakers from Japan will also present overviews of the public health situation and ongoing challenges of coping with the Fukushima disaster. The panelists from IPPNW will discuss the lessons to be learned and the issues we must face in the future with an international perspective.

Date/Time: 27 August, 2012, (Door Opens 18:00) 18:15 – 20:30